買取事例

ブランド家具カンディハウス(CONDE HOUSE)、高価買取しております!

カンディハウス(CONDE HOUSE)の『ラベンダー』サイドチェアはFUKUROU(フクロウ)へ、ぜひお売り下さい!

お客様に心から喜んでいただく為、「他店よりもっと高く」をモットーに最大限の高価買取を常に目指しております。 まずはお電話・メールにてお気軽にご相談・お見積り下さい!

このページではFUKUROU(フクロウ)で買取させて頂きました、カンディハウス(CONDE HOUSE)の『ラベンダー』サイドチェア買取事例を査定員のコメントと共にご紹介しております。お売りになる際のご参考にご覧頂ければ幸いです。 埼玉・東京・神奈川(横浜市・川崎市)・千葉であれば出張費用無料にてすぐにでも買取にお伺いいたします。

ブランド家具、カンディハウス(CONDE HOUSE)の『ラベンダー』サイドチェア買取は、FUKUROU(フクロウ)にお任せ下さい。他店には真似できない高価買取をいたします!

カンディハウス(CONDE HOUSE) 中村 昇(Noboru Nakamura)
『ラベンダー』サイドチェア

『ラベンダー』サイドチェア

カテゴリ
チェア
ブランド・メーカー
カンディハウス(CONDE HOUSE)
デザイナー
中村 昇(Noboru Nakamura)
ショップ
-
1968年創業、幅広い層に高い人気を誇るカンディハウスより、総革を使用した『ラベンダー』ダイニング サイドチェアを買取させていただきました。

カンディハウスは1968年いろいろな国の人の快適をつくり出すことを目標とし設立。日本の精神と手技を生かして世界を見つめ、そして世界から日本を見つめてきました。100年、200年をかけて育った樹木を伐り出して家具にしているのですから、人間は決して森が再生するスピードを追い抜いてはなりません。新しい樹木が大きくなるのを待ちながら、長く愛着を持って使ってもらえるのが、カンディハウスの家具です。家具は、心地よく生きるための道具です。"ものづくりの魂"が宿っているカンディハウスの家具は、使うほどに質感や風合いが増して、愛着が湧くものになることでしょう。

デザイナーの中村 昇は、1938年北海道恵庭市生まれ。1969年に渡欧し、1973年にIKEA of Sweden AB 開発部デザイン課に入社。在籍中に100以上のデザインを行い、そのうちPOANGやKLIPPANなど29が商品化される。1978年にIKEA社を退社し、帰国。帰国後Furniture Design Nackaを設立し、家具デザイナーとして活動中。

こちらのチェアは、ベーシックな中に工芸的な味わいあふれるロングセラー。座から背にかけてボリュームを抑えたクッションの張り込み、安楽性を高めています。木部の有機的なカーブは、腰掛けた人の姿を美しく見せる効果も。北欧のモダンデザインと日本の木工技術が融合した贅沢な一脚です。全体的なバランスが美しく、高級感のあるワンランク上のチェア。洗練された雰囲気のお部屋を演出してくれます。肌触りの良い滑らかなレザーが高級感もあり、しっかりとした作りで、使い込むほどに味が出てくるのが特徴です。使いこむことにより、座面、背の部分が体になじむように少しずつ形が変わっていき、より優れた掛け心地を実現します。

味わい深い存在感を感じられるチェアを買取させていただき、ありがとうございました。
無料でお見積り致します!

FUKUROU(フクロウ)では「もったいない」をテーマに少しでも皆様のお役に立ちながら、 無駄を省いた社会創りを目指し、より多くのお客様にリサイクルをご理解いただき、社会に根付く事を目標にしております。

買取事例のメニュー

ご不用になりました、家具や家電などを無料でお見積させていただきます!

買取依頼フォーム

FUKUROU(フクロウ)では実店舗を持たない為、余計なコストが掛かっていません。コスト削減以外にもそれぞれの商品にあった販売網の確保や、 作業時間の効率化を徹底する事で、少しでもお客様の商品を高く買取ができるように日々努力いたしております。 これらの地道な努力を積み重ねることで他社には真似できない高価買取を実現可能にしています。

このページの先頭へ