買取事例

デザイナーズ家具、高価買取しております!

お売り下さい!FUKUROU(フクロウ)ではお客様に気持ちよくお売りいただくため、「1円でも高く」をモットーにどこよりも高くデザイナーズ家具を買取出来るよう努力を続けています。 まずはお電話・メールにてお気軽にご相談・お見積り下さい!

こちらではFUKUROU(フクロウ)で買取させて頂きました、デザイナーズ家具の買取事例を査定員のコメントと共にご紹介いたします。お売りになる際のご参考にご覧頂ければ幸いです。 ご不用になりました、デザイナーズ家具の買取なら、出張買取専門店だからできる高価買取!FUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい。埼玉・東京・神奈川(横浜市・川崎市)・千葉であれば出張費用無料にてすぐにでも買取にお伺いいたします。

デザイナーズ家具の買取は出張買取専門店FUKUROU(フクロウ)にお任せ下さい。
他店には真似できない高価買取を実現いたします!

ザノッタ(ZANOTTA) カルロ・モリーノ(Carlo Mollino)
『Arabesco(アラベスコ)』テーブル

『Arabesco(アラベスコ)』テーブル

カテゴリ
ローテーブル
ブランド・メーカー
ザノッタ(ZANOTTA)
デザイナー
カルロ・モリーノ(Carlo Mollino)
ショップ
-
イタリアで上質でデザインのいい家具をつくり続けているブランドのなかでも突出したデザインを提唱し続けているZANOTTA (ザノッタ)より、Carlo Mollino(カルロ・モリーノ)デザインの「Arabesco(アラベスコ)」テーブルを買取させていただきました。

ZANOTTA (ザノッタ)は1954年にアウレリオ・ザノッタの指揮のもと、イタリアで設立されたインテリアメーカー。現在におけるイタリアのモダンとコンテンポラリー家具において重要なブランドの一つです。もともと、ソファを制作する会社として設立されましたが、卓越した発想力と開発力、技術力によって成長。60年代に入って、前衛的な若手デザイナーたちを積極的に起用することにより、独自のスタイルを創りあげ、世界のデザイン界にセンセーショナルを巻き起こしました。

ZANOTTA (ザノッタ)最大の魅力は、インパクトのある卓越した美しさにあります。部屋にあるだけで空間がアートになるような革新的なデザインながら、使い勝手や座り心地などの機能面でも優れ、イタリア・モダンデザインを代表するブランドです。日本でも建築家やインテリアコーディネーターなど、プロや家具に造詣の深い人たちに高く評価されています。

こちらの「ARABESCO(アラベスコ)」とはイタリア語で「アラビア風の」「唐草模様」という名前。1940年代からもっとも独創的な作品を排出し続けたデザイナーCarlo Mollino(カルロ・モリーノ)の代表的な作品です。

オーク材(合板)とガラスの天板/棚板だけというシンプルな素材構成ではありますが、女性のボディラインをモチーフにデザインされた彫刻的なフォルムは、積層合板の高度な曲げ技術によってのみ成立しうるものです。"流線的なシュールレアリスム"と称される作風が全面に現れていて、つい目を奪われてしまう圧倒的な存在感です。

実用的なだけではなく、それ自体がオブジェのようなお部屋のアクセントになります。ガラステーブルは、お部屋に圧迫感を与えず、空間を広く明るく見せてくれるという利点もあります。

素敵なテーブルを買取させていただき、ありがとうございました。

デザイナーズ家具ザノッタ(ZANOTTA)『Arabesco(アラベスコ)』テーブル買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

アルフレックス(arflex) クラーソン・コイヴィスト・ルーネ(Claesson Koivisto Rune)
『VAKNA(ヴァクナ)』サイドテーブル付きクイーンベッド

『VAKNA(ヴァクナ)』サイドテーブル付きクイーンベッド

カテゴリ
クイーンベッド
ブランド・メーカー
アルフレックス(arflex)
デザイナー
クラーソン・コイヴィスト・ルーネ(Claesson Koivisto Rune)
ショップ
-
数々の巨匠デザイナーの手がける作品を取り扱う高級ファニチャーショップ・アルフレックスより、Claesson Koivisto Rune(クラーソン・コイヴィスト・ルーネ)デザインのサイドテーブル付きクイーンベッド『VAKNA(ヴァクナ)』を買取させていただきました。マットレスはシーリと共同開発したポスチャーペディックを使用しています。 

イタリア語で『家具』を表すarredamenti(アッレダメンティ)、『柔軟性』の英訳invincibilityを組み合わせて名付けられたArflex(アルフレックス)社は、1951年の創業以来、高品質なプロダクトと独自のサービス、新しいライフスタイルを次々と提供し、国籍・年齢・性別を超えて愛される、イタリアの人気ブランドです。

イタリアで生まれたアルフレックスの家具は、発売当初から現代までモダンライフを好む人々に愛用されています。高級でミニマルモダンな雰囲気は、正に現代イタリアモダンと言った感じのアイテムを数多く取り揃える人気のセレクトショップです。 

Claesson Koivisto Rune(クラーソン・コイヴィスト・ルーネ)は、ストックホルム出身の3人組です。モーテン・クラーソン、エーロ・コイビスト、ウーラ・ルーネにより、1995年に結成された建築設計集団です。建築・インテリア、および、家具、プロダクトの広い範囲で世界的に活躍しています。

今回、買取させていただいたのは、木質ベッドの凛とした重厚さとファブリックの柔らかさが、巧みに融合されたベッドです。ヘッドボードカバーはクッション性があり、ベッドでの過ごし方に広がりを持たせています。サイドテーブル付きで、利便性にも優れたています。 

マットレスの『Posturepedic/ポスチャーペディック』とは、"背骨を矯正する"というラテン語から生まれた独自の言葉で、世界に通用する最高級マットレスの総称です。コイルの巻きの始点(センサリーアーム)に微妙な角度をつけることにより、荷重が増えるにつれて反発力が増大し、独特のコイル形状のマットレスです。寝心地の良い熟睡型のコンフォートコイルであると共に、世界No.1を誇る耐久性に優れたハイテクスプリングです。

高級なクイーンベッドを買取させていただき、ありがとうございました。

デザイナーズ家具アルフレックス(arflex)『VAKNA(ヴァクナ)』サイドテーブル付きクイーンベッド買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

リーンロゼ(ligne roset) パスカル・ムールグ(Pascal Mourgue)
『PATCHWORK(パッチワーク)』2人掛けソファ

『PATCHWORK(パッチワーク)』2人掛けソファ

カテゴリ
2人掛けソファ
ブランド・メーカー
リーンロゼ(ligne roset)
デザイナー
パスカル・ムールグ(Pascal Mourgue)
ショップ
-
フランスのligne roset(リーンロゼ)より、2人掛けソファ「PATCHWORK(パッチワーク)」を買取させていただきました。

リーンロゼは、1860年創業、フランスに本社を置くヨーロッパを代表するメーカーのひとつです。1973年には、世界的に有名なソファ、TOGO(トーゴ)が生まれています。その後も「コンテンポラリなーライフスタイルをトータルに提案する」をコンセプトに、世界中のトップデザイナーたちとコラボレーションを行い、常に新しいライフスタイルを提案し続けています。

「PATCHWORK」2人掛けソファは、フランスを代表する巨匠パスカル・ムールグとのコラボによって生み出されたソファです。パッチワークはさまざまなライフスタイルに合わせることができる、コンビネーションタイプのソファとして作られました。使い方によっては1~5人位まで座れる用途に合わせてお使い頂ける楽しいソファです。

こちらは、鮮やかで美しいブルーの爽快感が印象的な一品です。見ているだけでも大変美しく、お部屋の印象をワンランクアップしてくれます。ゆったりとくつろぎ、心地よい時を過ごせるL字型ソファはリビングを開放感のあるイメージで過ごしやすい雰囲気作りが出来る大変便利な人気アイテムです。座面も深く、ゆったりとしたサイズですので、至福のリラックスタイムをお過ごしいただけます。
優しく身体を包み込むソフトな掛け心地味わえます。

素敵なソファを買取させていただき、ありがとうございました。

デザイナーズ家具リーンロゼ(ligne roset)『PATCHWORK(パッチワーク)』2人掛けソファ買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

カルテル(Kartell) フィリップ・スタルク(Philippe Starck)
『Dr Glob(ドクターグロブ)』チェア2脚セット

『Dr Glob(ドクターグロブ)』チェア2脚セット

カテゴリ
チェア2脚セット
ブランド・メーカー
カルテル(Kartell)
デザイナー
フィリップ・スタルク(Philippe Starck)
ショップ
-
イタリア最大のプラスチック家具メーカー カルテルより、Philippe Starck(フィリップ・スタルク)デザインのチェア2脚セット『Dr Glob(ドクターグロブ)』を買取させていただきました。

カルテルは1949年ジュリオ・カステリによって、日用品開発で培ったプラスティック成型技術を、家具に応用するという着想を基に設立されました。プラスティック製品の持つ透明感やかろやかさ、シンプルでモダンなデザインなど、カルテル製品はまさに時代をリードする製品です。その優れたデザインには設立以来、定評があります。

デザイナーのPhilippe Starck(フィリップ・スタルク)は、1949年パリに生まれ、カモンド装飾美術学校を卒業後、弱冠18歳にして自らの事務所を設立。建築・インテリア・家具・食器・出版物・インダストリー等さまざまなデザインを手がけ、建築家と言うより総合的なデザイナーです。エリゼ宮のミッテラン大統領執務室を設計したことで広く認められ、その後パリのカフェ・コストのデザインで名声を不動のもとします。東京のアサヒビールの社屋や、セブンイレブンに並ぶセンスのいい小物類を手がけた人物でもあります。ホテル王イアン・シュレーガーの数々のホテルデザインも行い、ドリアデ、カルテル、カッシーナ、アレッシィ、フロス等、数々の有名ブランドから次々とヒット作を連発。まさに現在デザイン界のスーパースターです。

今回、買取させていただいたチェアは、プラスチック家具の代表作、それがDr.Glob(ドクターグロブ)。その触り心地や鮮やかなパステルカラーは、プラスチック家具に革命をもたらしたチェアとして知られています。カルテルが開発した素材を座面に使用し、暖かさと明るさ、柔らかさまでも与えています。屋内はもちろん、屋外での使用にもおすすめです。スタッキングが可能ですので、使用しない時はコンパクトに収納していただけます。

プラスチック家具の代表作と言われるチェアを買取させていただき、ありがとうございました。

デザイナーズ家具カルテル(Kartell)『Dr Glob(ドクターグロブ)』チェア2脚セット買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

カッシーナ(Cassina ixc) カトリーヌ・メミ(CATHERINE MEMMI)
『CHELSEA(チェルシー)』ローテーブル

『CHELSEA(チェルシー)』ローテーブル

カテゴリ
センターテーブル
ブランド・メーカー
カッシーナ(Cassina ixc)
デザイナー
カトリーヌ・メミ(CATHERINE MEMMI)
ショップ
-
イタリア高級インテリア家具ブランド カッシーナ(Cassina ixc)で取り扱いのある、CATHERINE MEMMI(カトリーヌ・メミ)氏がデザインを手がけたウェンゲ材を使用した「CHELSEA(チェルシー)」ローテーブルを買取させていただきました。

家具業界では数少ないリーディングブランドとして知られているカッシーナ。完成度の高さとデザインの美しさは他の追随を許さず、数多くの製品がニューヨーク近代美術館の永久所蔵品になっています。

カトリーヌ・メミはパリのリヴ・ゴーシュに生まれ、今日に至るまでずっと、サン・ジェルマン・デ・プレ界隈で生活しています。フランス西部にルーツを持つ画家の家庭で、この地方の特色である抒情性に溢れる色彩に影響を受けながら、育ちました。現在では、パリ、ロンドン、東京などでアパルトマンやマンションのインテリアデザインを、ブリュッセルやニューヨーク・ロングアイランドの個人邸やロフトなどのトータルなデザインプロデュースを手掛けています。

こちらは、ブランド誕生10周年のアニバーサリー プロダクトとして発表されたローテーブル。世界でも希少価値が高いとされるウェンゲ材を使用しています。天板にはステンレス スチールの象嵌が埋め込まれ、異素材との組み合わせが独特なデザイン。棚が付いているので雑誌や新聞、各種リモコン等の収納に便利です。ギャラリーコレクションと銘打たれたこれらのプロダクトは、シンプル・ミニマルでありながらラグジュアリーというカトリーヌ・メミのコンセプトが詰め込まれた一台です。

優れたデザインのローテーブルを買取させていただき、ありがとうございました。

デザイナーズ家具カッシーナ(Cassina ixc)『CHELSEA(チェルシー)』ローテーブル買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

無料でお見積り致します!

FUKUROU(フクロウ)では「もったいない」をテーマに少しでも皆様のお役に立ちながら、 無駄を省いた社会創りを目指し、より多くのお客様にリサイクルをご理解いただき、社会に根付く事を目標にしております。

買取事例のメニュー

ご不用になりました、家具や家電などを無料でお見積させていただきます!

買取依頼フォーム

FUKUROU(フクロウ)では実店舗を持たない為、余計なコストが掛かっていません。コスト削減以外にもそれぞれの商品にあった販売網の確保や、 作業時間の効率化を徹底する事で、少しでもお客様の商品を高く買取ができるように日々努力いたしております。 これらの地道な努力を積み重ねることで他社には真似できない高価買取を実現可能にしています。

このページの先頭へ