買取事例

デザイナーズ家具|ポール・へニングセン(Poul Henningsen)、高価買取しております!

お売り下さい!FUKUROU(フクロウ)ではお客様に気持ちよくお売りいただくため、「1円でも高く」をモットーにどこよりも高くポール・へニングセン(Poul Henningsen)製品を買取出来るよう努力を続けています。 まずはお電話・メールにてお気軽にご相談・お見積り下さい!

こちらではFUKUROU(フクロウ)で買取させて頂きました、ポール・へニングセン(Poul Henningsen)製品の買取事例を査定員のコメントと共にご紹介いたします。お売りになる際のご参考にご覧頂ければ幸いです。 ご不用になりました、ポール・へニングセン(Poul Henningsen)製品の買取なら、出張買取専門店だからできる高価買取!FUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい。埼玉・東京・神奈川(横浜市・川崎市)・千葉であれば出張費用無料にてすぐにでも買取にお伺いいたします。

ポール・へニングセン(Poul Henningsen)製品の買取は出張買取専門店FUKUROU(フクロウ)にお任せ下さい。
他店には真似できない高価買取を実現いたします!

ルイスポールセン(louis poulsen) ポール・ヘニングセン(Poul Henningsen)
PH50 G4PB-17Z6-1W

PH50 G4PB-17Z6-1W

カテゴリ
照明
ブランド・メーカー
ルイスポールセン(louis poulsen)
デザイナー
ポール・ヘニングセン(Poul Henningsen)
ショップ
-

今回は人気の北欧デンマークのブランド、ルイスポールセンの、ポール・ヘニングセン デザインの「PH50 G4PB-17Z6-1W Type17241、ミントブルー」ペンダントライトを買取させていただきました。

有名なこのペンダントライトは、表面が光沢のあるグロッシーな仕上げで、これまでにない新しさを感じさせます。機能的でありながらそのデザインは優雅で美しく、シェードのフォルムは昼間の消灯時でもインテリアのアクセントとして十分にお楽しみいただけます。

北欧のブランド、ルイスポールセンは近代照明のルーツとなったブランドです。現代もインテリア照明において中心的な存在となっています。北欧の寒く長い夜が、人や自然に優しい照明を生み出すルイスポールセンのバックグラウンドになっています。100年以上の歴史を持つルイスポールセンですが、1925年に発表されたポールヘニングセンのPHランプがきっかけとなって一躍世界的に有名になりました。また、アルネ・ヤコブセンやヴェルナー・パントンといった世界的な建築家、著名なデザイナーとも協力関係を築き、数々の名作を常に提供しています。

デザイナーのポール・ヘニングセンは、コペンハーゲンに生まれました。1925年、パリ工芸博覧会へのデンマーク参加に先立ち開かれた照明デザインコンペで入選、ルイスポールセン社との協力を開始します。1925年から26年にかけ、ルイスポールセン社と共同でコペンハーゲンのフォーラム展示会場の照明デザイン契約を取得し、このプロジェクトの中で今日として知られる、三枚シェードで光を拡散・反射させるランプの原型が生まれました。生涯において200種類以上のランプをデザインしましたが、彼が意図したのは単なる照明器具のバリエーションではなく、照らし出される人や物、あるいは空間を理想的に見せるための「良質な光」の追求です。光の色、グレア、陰影といったような照明の基本事項をキーワードとしたヘニングセンの光に関する考察は、今日の照明文化においてもなお、重要な意義を持ち続けています。

今なお根強い人気のランプシェードを買取させていただき、ありがとうございました。

デザイナーズ家具ルイスポールセン(louis poulsen)PH50 G4PB-17Z6-1W 買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

  • 1
無料でお見積り致します!

FUKUROU(フクロウ)では「もったいない」をテーマに少しでも皆様のお役に立ちながら、 無駄を省いた社会創りを目指し、より多くのお客様にリサイクルをご理解いただき、社会に根付く事を目標にしております。

買取事例のメニュー

ご不用になりました、家具や家電などを無料でお見積させていただきます!

買取依頼フォーム

FUKUROU(フクロウ)では実店舗を持たない為、余計なコストが掛かっていません。コスト削減以外にもそれぞれの商品にあった販売網の確保や、 作業時間の効率化を徹底する事で、少しでもお客様の商品を高く買取ができるように日々努力いたしております。 これらの地道な努力を積み重ねることで他社には真似できない高価買取を実現可能にしています。

このページの先頭へ