買取事例

家具・インテリア|サイドボード、高価買取しております!

お売り下さい!FUKUROU(フクロウ)ではお客様に気持ちよくお売りいただくため、「1円でも高く」をモットーにどこよりも高くサイドボードを買取出来るよう努力を続けています。 まずはお電話・メールにてお気軽にご相談・お見積り下さい!

こちらではFUKUROU(フクロウ)で買取させて頂きました、サイドボードの買取事例を査定員のコメントと共にご紹介いたします。お売りになる際のご参考にご覧頂ければ幸いです。 ご不用になりました、サイドボードの買取なら、出張買取専門店だからできる高価買取!FUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい。埼玉・東京・神奈川(横浜市・川崎市)・千葉であれば出張費用無料にてすぐにでも買取にお伺いいたします。

サイドボードの買取は出張買取専門店FUKUROU(フクロウ)にお任せ下さい。
他店には真似できない高価買取を実現いたします!

メトロクス(METROCS) ピエール・ポラン(Pierre Paulin)
『F061』サイドボード

『F061』サイドボード

カテゴリ
サイドボード
ブランド・メーカー
メトロクス(METROCS)
デザイナー
ピエール・ポラン(Pierre Paulin)
ショップ
-
METROCS(メトロクス)より、フランスを代表するデザイナー、ピエール・ポラン デザインのオーク材を使用したサイドボード『F061』を買取させていただきました。

METROCSは、ヨーロッパや日本に誕生した歴史あるデザインプロダクトを取り扱うインテリアブランド。時代に流されたり、消費されていくデザイン造りではなく、むしろ年月が経つほどに存在感が増す普遍的なモノを取り扱っている会社です。

ピエール・ポランは、1927年、フランスのパリ生まれ。60~70年代のフランスを代表するデザイナーです。パリのエコール・カモンド校で家具の伝統を学び、イームズ、サーリネン、ネルソンなどのミッドセンチュリーデザインの代表格から多大な影響を受けます。1954年からフランスのトーネット社、オランダのアーティフォート社より家具を発表し、1965年には造形的かつ座り心地も優れたデザインで賞賛されたリボンチェア、そしてその翌年にはその名の通り 『舌』 を思わせるタンチェアなど自身の代表作ともなる椅子を発表します。その後も、それまでにはないストレッチ素材の布を使った様々な椅子を発表し、柔らかくかわいらしく優しさがあふれる独創的な作品を数多く作り出していきます。1987年には、国際インダストリアルデザイン賞を受賞。また、2008年、ロゼ社からPumpkinを発表し、パリの国際家具見本市で「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を獲得しています。

「F061」は、ピエール・ポランが50年代に手掛けた「F031」デスクと同シリーズのサイドボードです。機能性を追求したシンプルなデザインは、収納力も抜群。3段の引出しと観音開きの扉が付いた仕様で、扉の内側は棚板が付いており、お好みの高さに5段階で調整が可能です。天板部分には傷が付きにくいメラミンを使用し、また、背面仕上げも施しているため、設置場所を問わず、スペースの仕切りとしても活用できます。高さが同じ「F031」デスクとは相性も抜群で、並べての使用もおすすめです。

この度はサイドボードを買取させていただき、ありがとうございました。

家具・インテリアメトロクス(METROCS)『F061』サイドボード買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

カルテル(Kartell) パトリック・ジュアン(Patrick Jouin)
『Optic(オプティック)』収納BOX

『Optic(オプティック)』収納BOX

カテゴリ
収納BOX
ブランド・メーカー
カルテル(Kartell)
デザイナー
パトリック・ジュアン(Patrick Jouin)
ショップ
-
イタリア最大のプラスチック家具メーカー カルテルより、Patrick Jouin(パトリック・ジュアン)がデザインした、収納BOX『Optic(オプティック)』を買取させていただきました。

カルテルは1949年ジュリオ・カステリによって、日用品開発で培ったプラスティック成型技術を、家具に応用するという着想を基に設立されました。プラスティック製品の持つ透明感やかろやかさ、シンプルでモダンなデザインなど、カルテル製品はまさに時代をリードする製品です。その優れたデザインには設立以来、定評があります。

デザイナーのPatrick Jouin(パトリック・ジュアン)は、1967年 フランス生まれ。1992年、国立高等工業デザイン学院(ENSCI)卒業。フィリップ・スタルクがアートディレクターを務めていたグループTim Thom(トムソン)で仕事をした後、スタルクのスタジオへ移っています。1999年 デザイナーとして独立し、家具デザイン(カッシーナ、フェルモブ、Xo、Roset)やインダストリアルデザイン(Nutella, ルノー)などを手掛け、多くの分野で活躍しています。特にフランスの有名シェフ、アラン・デュカス氏が経営するレストランの設計やインテリアデザインが話題を呼んだ人気のデザイナーです。

こちらの『Optic(オプティック))』はキューブ型の収納BOX。表面にはいくつものピラミッド型の凹凸が並び、ミラー効果を取り入れた透明感が美しく、シンプルながら、インパクト大のビジュアルが魅力です。積み重ねたり並べたりと用途に合わせてレイアウトができます。収納BOXとして以外にディスプレイBOXとしてご利用いただけます。オリジナリティー溢れる空間づくりが楽しめるアイテムです。

独創的な収納BOXを買取させていただき、ありがとうございました。

家具・インテリアカルテル(Kartell)『Optic(オプティック)』収納BOX買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

メートランドスミス(MAITLAND-SMITH)
アンティークブックファサード サイドボード

アンティークブックファサード サイドボード

カテゴリ
サイドボードキャビネット
ブランド・メーカー
メートランドスミス(MAITLAND-SMITH)
デザイナー
-
ショップ
-
イギリスのメートランドスミスより、最高級サイドボードを買取させていただきました。 

1979年にロンドンにて創設されたメートランドスミス社は、家具をはじめライティング、デコールなどインテリアに関わるすべてのカテゴリーの商品を送り出すインテリア総合メーカーです。そのどれもが、ハンドメイドで作られアンティーク仕上げが施されています。

メートランドスミスは、インテリアシーンのエッセンスとして不可欠なアクセントファニチャーと言う新分野を確立しました。伝統と斬新、クラシックとモダンを融合し、英国貴族が愛した様式美に現代感覚を取り入れたメートランドスミスは、現代のインテリアシーンを常にリードするパイオニアと言えるでしょう。

英国伝統の様式をベースとしながらも、自由なデザインポリシーと卓越した職人技で、カジュアルクラシックという独自スタイルを確立したオートランドスミス社。インテリア業界のトレンドを索引するブランドとして高感度なデザイナーたちの注目を集めています。

今回、買取させていただいたのは、アンティークブックファサードのサイドボード。英国伝統の様式に遊び心をプラスしたデザインと申し分なの収納力が魅力です。クラシックカルな雰囲気のある佇まいで、お部屋にワンランク上の上質さを演出します。 

ハンドメイドで作られたアンティーク仕上げがメートランドスミスの魅力です。伝統と斬新、クラシックとモダンを融合し、英国貴族が愛した様式美に現代感覚を取り入れらています。 

最高級のサイドボードを買取させていただき、ありがとうございました。

家具・インテリアメートランドスミス(MAITLAND-SMITH)アンティークブックファサード サイドボード買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

ドレクセルヘリテイジ(DREXEL HERITAGE)
Triuneシリーズ『クリデンザ』サイドボードキャビネット

Triuneシリーズ『クリデンザ』サイドボードキャビネット

カテゴリ
サイドボードキャビネット
ブランド・メーカー
ドレクセルヘリテイジ(DREXEL HERITAGE)
デザイナー
-
ショップ
-
アメリカを代表する高級家具メーカー ドレクセル・ヘリテイジより、最高級のTriune(トライユン)シリーズのサイドボードキャビネット『クリデンザ』を買取させていただきました。 

ヨーロッパの文化を受け継ぎながらも、伝統スタイルに束縛されない風土と気質により、アメリカ独自の新しい伝統調スタイルを確したドレクセル・ヘリテイジでは、ヨーロッパにはないデザインの家具がつくり出されました。伝え続け、受け継がれる家具。美しさや機能が長い時間、生活を楽しませてくれます。将来にわたり永く愛着を持って使いこまれながらその美しさと価値を高める家具。ドレクセル・ヘリテイジが置かれた室内には、美しさと落ち着きが感じられます。これは本物の家具がもつ力です。時には人生に寄り添い、常に傍らにあり時を経て手をかけ家の顔となる、そんな家具です。 

TRIUNEは、三位一体を意味しています。18、19世紀のイタリアのスノビズム時代をテーマに、20世紀のライフステージのための機能を追求して創られました。音楽を奏でるようなラインの美しさは、時代の流れの結晶です。21世紀の現代でも変わることはありません。素材の美しさを生かし時間をかけて磨きあげられたその仕上がりは、過去に例を見ない贅沢な品質と風格が感じられます。 

今回、買取させていただいたサイドボードキャビネットは、電話台、FAX台、整理箱などとして、場所を選ばずご使用いただけます。リビングでアクセントアイテムとしておしゃれにスタイリングを楽しめます。これまでのお部屋に+αとして取り入れやすいアイテムです。全体的な印象は上質で落ち着いた感じですが、重量感もあり、造りも頑強ですので、末永くご使用いただけます。

最高級のサイドボードキャビネットを買取させていただき、ありがとうございました。

家具・インテリアドレクセルヘリテイジ(DREXEL HERITAGE)Triuneシリーズ『クリデンザ』サイドボードキャビネット買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

ポリフォルム(Poliform) パオロ・ピーヴァ(Paolo Piva)
「SCACCHI」サイドボード

「SCACCHI」サイドボード

カテゴリ
サイドボード
ブランド・メーカー
ポリフォルム(Poliform)
デザイナー
パオロ・ピーヴァ(Paolo Piva)
ショップ
-
イタリアのポリフォルムより、Paolo Pivaデザインのチェリー材を使用した最高級のサイドボード「SCACCHI」(照明付)を買取いたしました。

ポリフォルム社は1942年、イタリアのブリアンサ地方で家具工房としてスタートしました。戦後の新しいライフスタイルに合わせたモダンで機能性豊かなデザイン家具を手がける家具メーカーとして発展。90年代に入り、チェリーやウォールナットを主素材としたシンプルで暖かみのある家具が世界中に受け入れられ、その後も専門分野の収納家具からリビング・ダイニング・ベッドルームなど住宅におけるニーズに対応するファニチャーコレクションを充実させています。また、「伝統的な職人の技」と「先進的で熟練した専門技術」により高い品質を保障しています。ポリフォルムの製品は細部に至るまで完璧といえるまでの丁寧な仕上げにになっており、上質な空間を演出するのに最適な一品です。


世界的な有名なトップデザイナー Paolo Piva(パオロ・ピーヴァ)は1950年アドリア(イタリア)生まれ。1968年からヴェネツィア大学建築学科でビジュアル分野の研究を始める。1970年にはヴェネツィア国際美術大学にて工業デザインを学ぶかたわら、デザイン活動を開始。1973年よりヴェネツィア大学でカルロ・スカルパに師事、同大学建築学科卒業。1980年カタールのクウェート大使館を設計。多くのファッション店舗のインテリアディスプレイも手掛け、ヨーロッパ、アメリカを中心とした世界各国で活躍しています。

今回、買取させていただいたのは、明るい色味なので他の家具とも合わせやすく、北欧モダンな雰囲気を味わえるサイドボードです。優しい肌触りの木肌、美しい木目、木材ならではの素材感。木の持つ温もりを感じられ、心が癒されます。チェリー材の魅力は、その独特な色合いと木目、そして緻密な仕上がりにあります。使うほどに質感や風合いが増してきますので、長く使えるアイテムです。大容量の収納が可能ですので、雑貨類、書籍類をすっきりと綺麗に収納できます。トップボードの上も写真や花瓶などを置いて、ディスプレイスペースとしてご活用いただけます。

最高級のサイドボードを買取させていただき、ありがとうございました。

家具・インテリアポリフォルム(Poliform)「SCACCHI」サイドボード買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

無料でお見積り致します!

FUKUROU(フクロウ)では「もったいない」をテーマに少しでも皆様のお役に立ちながら、 無駄を省いた社会創りを目指し、より多くのお客様にリサイクルをご理解いただき、社会に根付く事を目標にしております。

ご不用になりました、家具や家電などを無料でお見積させていただきます!

買取依頼フォーム

FUKUROU(フクロウ)では実店舗を持たない為、余計なコストが掛かっていません。コスト削減以外にもそれぞれの商品にあった販売網の確保や、 作業時間の効率化を徹底する事で、少しでもお客様の商品を高く買取ができるように日々努力いたしております。 これらの地道な努力を積み重ねることで他社には真似できない高価買取を実現可能にしています。

このページの先頭へ