買取事例

家具・家電、高価買取しております!

これまでFUKUROU(フクロウ)で買取させて頂きました家具・家電の買取事例を査定員のコメントと共にご紹介いたします。お売りになる際のご参考にご覧頂ければ幸いです。 家具・家電の買取なら、出張買取専門店だからできる高価買取!FUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい。埼玉・東京・神奈川(横浜市・川崎市)・千葉であれば出張費用無料にてすぐにでも買取にお伺いいたします。

FUKUROU(フクロウ)ではお客様に気持ちよくお売りいただくため、「1円でも高く」をモットーにどこよりも高く家具・家電を買取出来るよう努力を続けて参ります。 まずはお電話・メールにてお気軽にご相談・お見積り下さい!

家具・家電の買取は出張買取専門店FUKUROU(フクロウ)にお任せ下さい。高価買取いたします!

ボーコンセプト(BoConcept)
『Bari』伸縮ダイニングテーブル

『Bari』伸縮ダイニングテーブル

カテゴリ
ダイニングテーブル
ブランド・メーカー
ボーコンセプト(BoConcept)
デザイナー
-
ショップ
-

世界50カ国以上、340拠点以上で展開しているデンマークのグローバルなインテリアショップBo conceptより、ウォールナットを使用した「Bari」伸縮ダイニングテーブルを買取させていただきました。

 

ボーコンセプトは自分らしい暮らしを大切に、個性を生かしたインテリアを世界中に発信する北欧・デンマークのインテリアブランドです。1952年より家具メーカーとして培った家具つくりのノウハウを生かし、北欧のものづくりの理念に基づいた機能的でデザイン性の高いインテリアを提案している、日本でも北欧ブランドの代名詞とも言えるブランドです。

 

独特の風合いや木肌の美しさなどから、世界屈指の銘木に数えられるウォールナット。厳しい寒さのもとで時間をかけて生長するため、硬く粘りのある材質を持つ一方、軽量で扱いやすく、加工性や塗装性にも優れています。辺材から心材にかけての様々な色がグラデーションを描き、美しい模様の表情を形成します。木肌は、仕上げの方法によって若干の差はあるものの、はじめは濃い茶色、そして時間の経過とともに明るくまろやかな茶色へと 変化し、落ち着きます。使い込むほどに味わいが出てくるのも、大きな特徴と言えるでしょう。

 

こちらは、カジュアルな質感にシャープさを加えたダイニングテーブル。どんなチェア、家具とも合わせやすいのが特徴です。伸縮テーブルは、用途によって広げたり縮めたり、お客様が見えた時など自由自在に使えてとっても便利。 拡張できる分だけ使用頻度も自然と上がることでしょう。パーティーやちょっと張り切ったディナーなど、より楽しい毎日をお過ごしいただけることと思います。

 

大切な人と楽しい時間を過ごすアイテムとしていかがでしょうか。

インテリアショップボーコンセプト(BoConcept)『Bari』伸縮ダイニングテーブル買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

アルフレックス(alflex) クリストフ・ピエ(Christophe Pillet)
『X CHAIR』チェア

『X CHAIR』チェア

カテゴリ
チェア
ブランド・メーカー
アルフレックス(alflex)
デザイナー
クリストフ・ピエ(Christophe Pillet)
ショップ
-
世界最高峰の、イタリアのモダンブランド アルフレックスより、Christophe Pillet (クリストフ・ピエ) デザインの「X CHAIR」チェアを買取させていただきました。

イタリア語で『家具』を表すarredamenti(アッレダメンティ)、『柔軟性』の英訳invincibilityを組み合わせて名付けられたArflex(アルフレックス)社は、1951年の創業以来、高品質なプロダクトと独自のサービス、新しいライフスタイルを次々と提供し、国籍・年齢・性別を超えて愛される、イタリアの人気ブランドです。

デザイナーのChristophe Pillet(クリストフ・ピエ)は1969年にフランスに生まれ、ニースの美術学校を卒業後、ミラノへ移住します。ピエは当初、音楽の道へ進むことを志していましたが、ミラノではドムスアカデミー大学院で学び、1986年から1988年までの2年間はマルティーヌ・ベダンのアシスタントを務めています。そして、フィリップ・スタルクの右腕として6年間の間、その実力を発揮し、その作品の品質の高さと美しさによって世界的評価を獲得しているフランスが誇る名デザイナーです。1993年には独立を、自身のスタジオを立ち上げ、翌年の1994年にはムーブル・パリで「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされました。また、2004年にはムーブル・パリで、コンテンポラリー家具部門のエキシビジョン「メトロポール」のプロデュースを行った事でも有名です。建築、オブジェ、アート、家具デザインと様々な分野のデザインを手掛けており、全世界のランセルブティックのデザイン刷新や「ホテル セズ サントロペ」のデザイン、ルノーの国際自動車ショーデザインに至るまで規模の大小を問わず、一貫したスタイルが貫かれています。ラコステのデザインディレクターとしても、長期的な協力関係にあるドリアデやカッペリーニ、エミューにおいても気品と優れた精密さを両立させています。

こちらのチェアは、シェルの大胆な開口部からシートの張り地がのぞき見えるデザイン。個性の演出を楽しむことができます。シェルの繋ぎ目や極限まで曲げたスチールの脚部など、丁寧な仕上げに裏打ちされた高い品質と完成度を持ったチェアです。全体的なバランスが美しく、高級感があり、上品な色合いや何年たっても色あせないデザインからは、他のインテリアには決して負けない存在感が感じられます。

個性的なチェアを買取させていただき、ありがとうございました。

ブランド家具アルフレックス(alflex)『X CHAIR』チェア買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

ノール(Knoll) エーロ・サーリネン(Eero Saarinen)
『オーバル ダイニングテーブル』

『オーバル ダイニングテーブル』

カテゴリ
ダイニングテーブル
ブランド・メーカー
ノール(Knoll)
デザイナー
エーロ・サーリネン(Eero Saarinen)
ショップ
-

モダンクラシックを象徴するKnoll(ノール)より、エーロ・サーリネン(Eero Saarinen)デザインの「オーバル ダイニングテーブル」を買取させていただきました。

 

1938年の設立以来、Knollはオフィス家具の製造会社として、そのデザインを追及してきました。その洗練されたデザインは、オフィス家具だけでなく、レジデンシャルユースの製品にも活かされています。Knollはデザインリーダーとして世界中の美術館に展示されている製品を含めた数百のデザインアワードを受賞しております。特に、ニューヨーク近代美術館のコレクションとして寄贈されている、40点以上の製品はKnollの誇りです。

 

モダンクラシックを象徴するKnollStudioコレクションは、世界で活躍する建築家やデザイナーとのコラボレーションによって開発され、どれもが熟練の技と象徴的なディテール、そして洗練されたデザインの融合によって生まれた、唯一無二のプロダクツです。「ノール社の歴史は、そのままアメリカにおける近代デザイン運動の歴史でもある」と言われるほど「デザイン」に力を入れた家具ブランドです。

 

デザイナーのエーロ・サーリネン(Eero Saarinen)は、フィンランド出身で、アメリカに移住し、JFK空港ターミナルビルなど有名な建造物を手掛けたことで有名なデザイナー。アメリカ・ミッドセンチュリーの重要人物のひとりです。新構造・新素材を次々に取り入れ、建築と家具デザインで数々の傑作を生み出しています。今日では20世紀のアメリカを代表する巨匠の一人として数えられています。

 

1956年にデザインされた、エーロー・サーリネンのペデスタルコレクションのひとつ。一本脚で自立するデザインが特徴で、テーブル下のスラム化(椅子やテーブルの脚による混乱状態)を解決するため、5年の研究を経て生み出されました作品です。なめらかな曲線を描く一本の華奢な脚と天板のフォルムは、優雅でタイムレスな気品を漂わせています。

 

天板は大理石なので、天然素材ならではの美しい模様が目を惹きます。お部屋のアクセントとしても十分な存在感を発揮することでしょう。少ない要素でスタイルと上品さを与え、どんなお部屋にもマッチします。

 

モダンなダイニングテーブルを買取させていただき、ありがとうございました。

ブランド家具ノール(Knoll)『オーバル ダイニングテーブル』買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

カッシーナ(cassina) フランチェスコ・ビンファレ(Francesco Binfare)
『GRANDANGOLO(グランダンゴロ)』オットマン

『GRANDANGOLO(グランダンゴロ)』オットマン

カテゴリ
オットマン
ブランド・メーカー
カッシーナ(cassina)
デザイナー
フランチェスコ・ビンファレ(Francesco Binfare)
ショップ
-
イタリア高級インテリア家具ブランド カッシーナより、Francesco Binfare(フランチェスコ・ビンファレ)がデザインした「GRANDANGOLO(グランダンゴロ)」オットマンを買取させていただきました。

家具業界では数少ないリーディングブランドとして知られているカッシーナ。完成度の高さとデザインの美しさは他の追随を許さず、数多くの製品がニューヨーク近代美術館の永久所蔵品になっています。

Francesco Binfare(フランチェスコ・ビンファレ)は1939年イタリア、ミラノ生まれ。1969~1976年の間カッシーナ・リサーチ・センター長を務め、1980年には自らデザインコミュニケーションセンターを設立。同センターにて製作された喜多俊之のウィンクやガエタノ・ペシェのフェルトリは後にカッシーナのコレクションに加わっています。ミラノのドムス・アカデミーやロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートでも教鞭を取ると共にドローイングや絵画、インスタレーションを数多く手がけ、エドラ社のフラップなどの家具を製作したことでも知られています。

こちらは、長年に亘り、カッシーナ社の開発担当デザイナーであり、外部のデザイナーとコラボレーションにより多くの名作を世に送り出してきたフランチェスコ・ビンファレの作品です。

スクエアな座面とクールモダンなデザインが印象的なオットマン。シンプルな中にもモダンな雰囲気をかもし出しており、どんな家具にも合わせやすいアイテムです。そのクールな見た目ながらもクッション性の高さで、安定した座り心地が楽しめます。オットマンとしてはもちろん単体でスツールとしてもご利用頂けます。

シンプルでいて使いやすいオットマンを買取させていただき、ありがとうございました。

ブランド家具カッシーナ(cassina)『GRANDANGOLO(グランダンゴロ)』オットマン買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

カッシーナ(cassina) ヴィコ・マジストレッティ(VicoMagistretti)
『SINDBAD(シンドバッド)』テーブル

『SINDBAD(シンドバッド)』テーブル

カテゴリ
ローテーブル
ブランド・メーカー
カッシーナ(cassina)
デザイナー
ヴィコ・マジストレッティ(VicoMagistretti)
ショップ
-
イタリア高級インテリア家具ブランド カッシーナより、 ヴィコ・マジストレッティがデザインした「SINDBAD(シンドバッド)」テーブルを買取させていただきました。

家具業界では数少ないリーディングブランドとして知られているカッシーナ。完成度の高さとデザインの美しさは他の追随を許さず、数多くの製品がニューヨーク近代美術館の永久所蔵品になっています。 

ヴィコ・マジストレッティは、カッシーナ社やアルフレックス社を舞台に家具デザインで活躍している他、高層オフィスビル、ミラノ市立大学の校舎などの大規模プロジェクトや都市計画をはじめ、店舗・住宅などの一般建築、そして工業デザインにいたるまで広く活躍。120以上のプロダクツをデザインし、ミラノ・トリエンナーレ金賞、コンパッソ・ドーロ賞などを多数受賞し、ニューヨーク近代美術館の永久コレクションも多く残しています。

こちらは、半円形で三本脚というユニークなスタイルのテーブルです。この独特の形状を利用して、壁に寄せて利用する事も可能。奥行きが狭いテーブルの個性を利用して、色々な使い方が出来るテーブルです。

様々なレイアウトを楽しむことができるテーブルを買取させていただき、ありがとうございました。

ブランド家具カッシーナ(cassina)『SINDBAD(シンドバッド)』テーブル買取はFUKUROU(フクロウ)にぜひお任せ下さい!

無料でお見積り致します!

FUKUROU(フクロウ)では「もったいない」をテーマに少しでも皆様のお役に立ちながら、 無駄を省いた社会創りを目指し、より多くのお客様にリサイクルをご理解いただき、社会に根付く事を目標にしております。

ご不用になりました、家具や家電などを無料でお見積させていただきます!

買取依頼フォーム

FUKUROU(フクロウ)では実店舗を持たない為、余計なコストが掛かっていません。コスト削減以外にもそれぞれの商品にあった販売網の確保や、 作業時間の効率化を徹底する事で、少しでもお客様の商品を高く買取ができるように日々努力いたしております。 これらの地道な努力を積み重ねることで他社には真似できない高価買取を実現可能にしています。

このページの先頭へ